ラボラトリオートメーション

Loading the player ...

プロセスシーケンス全体の行き届いた管理

フエストでは、以下のようなあらゆるラボラトリプロセスに関するサポートを提供します:

サンプルホルダの搬送、識別管理、評価から試験管およびテストホルダの移動、開閉、試液の注入まで。

御社の目的:費用効率の高い、再現可能なラボラトリプロセスの導入

当社のソリューション:高感度の試料および試液の取り扱い、搬送に対応した高精度ハンドリングシステム

ミニ平面ガントリEXCM

ミニ平面ガントリEXCM

マイクロウェルプレートのようなテストホルダをX-Y軸上で移動させる必要がある場合など、EXCMは常に高い信頼性を発揮します。

 

小型平面ガントリEXCMには、次の2つのサイズがあります

EXCM-10:特に小さな対象物を扱うアプリケーション用の設計

EXCM-30:バーコード読み取りなど用に、底面にスペースを設けました

分析前のプロセス

分析前の検体の準備と分配のプロセス

分析前のプロセス

プロセスステップ:

  • 患者の検体を採取するための準備
  • 検体の搬送
  • ラボラトリでのハンドリングプロセス:検体の準備(遠心分離)、検体の識別管理(バーコード)と評価(品質)
遠心分離

例:遠心分離ハンガの均一なローディングとアンローディング

ラボラトリ用遠心分離機の遠心分離ハンガとマイクロウェルプレートは、均一にローディングおよびアンローディングできなければなりません。

標準電気アクチュエータを装備した簡単取付ハンドリングシステムが、遠心分離機を確実に高精度でローディングします。遠心分離機では、血液を固体成分と液体成分に分離します。

分析プロセス

検体をマイクロウェルプレートなどの試験システムに分配する

分析プロセス

プロセスステップ:

  • ピペッティング
  • ディスペンシング
  • 計量
  • 吸入
マイクロタイタプレート

例:マイクロウェルプレートでの流体の高精度計量

計量プロセス中、正確に計量ヘッドの位置決めをし、位置を下げなければなりません。次に、必要な量の検体をサンプルホルダに正確に分配しなければなりません。

 

平面ガントリEXCM-30はマイクロウェルプレートを位置決めし、

電気スライドEGSKはZ軸としてピペットを上下に動かして計量と吸入を行い、

バルブVODAは正確な量の試液を注入します。

分析後のプロセス

分析後のプロセス

分析後のフェーズ:

  • 追跡検査用に保管
  • 検体の評価と解釈
  • 保管