医療技術
医療機器システムへの応用

医療機器の開発に

フエストはお客様の医療システムの開発をサポートします。

We help you manage risks when developing products for medical applications, based on the ISO 13485 standard and FDA stipulations. That makes it easier for you to get your medical devices approved and certified.

小型化、軽量化、静音化

医療分野でも、機器の小型/軽量化、省電力への要望が高まっています。
ピエゾバルブとミニチュアバルブMHは、医療機器の小型化に合った理想的なソリューションです。

特に、ピエゾバルブは技術的に優れた点が多いため、医療分野でのバルブに求められる機能に適しています。

  • 騒音が出ない: 騒音がないということは、夜間患者に使用する機器には不可欠です。
  • 消費エネルギー行が少ない: 省電力化が実現し頻繁に充電する必要がありません。
  • 熱を出さない: 装置の小型化が可能となり、安定した動作が実現できます。
  • 動作が比例的である: 呼吸補助装置などで酸素供給を管理する場合など
    制御をシンプルにできます。

フエストは、省スペースに多数の空気圧接続部を設けるアプリケーション向けに、カスタマイズしたマニホールド・ダクトプレートを提供しています。

 

呼吸補助

呼吸器疾患治療用の装置

医療技術

酸素療法

慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの酸素供給機器

フエストは、供給する酸素の量と濃度を制御するソリューションへの応用を提案します。
このようなシステムは、携帯型酸素濃縮装置などの医療機器が挙げられます。

医療技術

睡眠時無呼吸

睡眠時の呼吸停止による酸素供給量の低下

CPAP(持続的気道陽圧呼吸療法):
呼気終末時に連続的陽圧をかけることで上気道閉塞を抑制し、無呼吸を軽減する装置への応用が可能です。

 

フエストでは、圧力と呼気/酸素の流量を調整することで確実に陽圧を均一にできるソリューションへの応用を提案します。

 

眼科

 

ピエゾバルブを備えたシステムテクノロジ

 

BYTEC Medizintechnik GmbHによる開発生産


白内障の手術

加齢により曇った水晶体を手術で除去し、人工眼内レンズ(IOL)を挿入します。

フエストは、白内障の手術で使用される空気圧ツールの圧力と真空度を調整する空気圧制御ユニットを開発しています。

アプリケーション例 - 眼科手術向け制御ユニット