耐腐食クラス – CRC

耐腐食クラスはコンポーネントや製品の外部や周囲環境への耐腐食性を取り決めたものです。

クラス 対 応
CRC0
非常に軽度の保護または保護なし

コンポーネントは保護されていない

  • 外部から見えない部品(セットねじ、止め輪など)や砲金処理(場合によっては油塗布)個所、ボールベアリングやプレーンベアリング部に適用される
CRC1
軽度の保護(標準)

コンポーネントには軽度の保護がなされている

  • 乾燥した屋内での使用または搬送・保管
  • カバーで覆われている部品、外部から目視できない個所、稼働中は内部に収まっている部品(ドライブシャフトなど)に適用される
CRC2
中程度の保護(標準)

コンポーネントには中程度の保護がなされている

  • 屋内使用で結露が発生する場合
  • 周囲大気に晒される外部の部品には予備的な表面処理が要求される
CRC3
高度な保護

コンポーネントには高い保護がなされている

  • 屋外の場合は中程度の腐食性まで 
  • 周囲大気に晒される外部の部品は更に機能的な表面処理を要求される
CRC4
最高度の保護

コンポーネントには特に高度な保護がなされている

  • 極めて高い腐食性を伴う屋外での使用
  • 食品や薬品製造など、浸透性の強いメディアを使用するエリアの部品に適用

 

これらのアプリケーションでは場合によっては同等のメディアを使った耐久テストを要求される