Festoについて

オートメーションと技術教育の原動力

Festoでは将来の働く環境をより生産的でシンプル、そして持続可能なものにするという目標を日々追求しています。そのためオートメーションと技術教育のためのソリューションを開発し、製造や新しいテクノロジーがデジタル化される未来に向け社員, 企業, 組織の準備に取り組んでいます。

世界中で事業を展開するファミリービジネス企業としてFestoはルーツがいかに重要であるかを理解しています。だからこそFestoはグローバルに展開するだけでなく、独自のローカルアイデンティティを持つ地元企業を代表しています。こうして毎日約20,500人の専門スタッフがノウハウを提供するグローバルネットワークが生み出されます。この従業員はFestoを業界の原動力とし、世界のモビリティを維持します。

CO2ニュートラルへの道

Festoは今後数年間でCO2 排出量を大幅に削減します。スコープ 1、2、および 3.8 に関しては2023 年にすでに大きな進歩を遂げることができました。2024 年以降、計画より 2年早く、Festo グループ全体が CO2スコープ 1に入っています。また、スコープ 1 の排出量を 2030 年までに約 30% 削減し、2040 年までにネットゼロ目標を達成する予定です。Festo グループは 2024 年からスコープ 2 および 3.8 の CO2 ニュートラルとなっています。さらに、エネルギー効率対策と太陽光発電(PV)のさらなる拡大への投資を継続します。