Learning-systems-Mobile-Robotics

トレーニングおよび研究のためのモバイルロボット

インダストリー4.0 向けの AGV および AMR 学習コンテンツ用移動式ロボットプラットフォーム

デジタライゼーションは、産業界のほぼすべての分野に浸透しています。近年では、無人搬送車 (AGV) が単純なロジスティクスタスクを引き受けています。工場はインテリジェントになり、機械は相互に通信し、人工知能は将来のプロセス最適化の新しい可能性を提示しています。オーダーメード製品は柔軟な生産に高い要件を求めます。このため、バッチサイズ 1 を達成することが目標となります。これは、資材の流れとロジスティクスプロセスにも影響します。自律移動式ロボット (AMR) は、産業用ロボットと並んでますます使用されるようになっています。個々のロジスティクスプロセスに対する要件が厳しくなるにつれ、モバイルロボットのさらなる開発が必要になっています。

ラーニングステーションの Robotino 4

Robotino 4

Festo の Robotino 4 では、職業訓練生や学術 研究職の学生を特別に訓練し、インダストリー4.0 の期待に応える能力を与えることができます。学習内容は、未来志向の職業にまさに必要となる専門知識を提供するものです。

柔軟なモバイルロボットプラットフォーム、Robotino 4 も新しいことを学びました。Robotino 4 は、構造と技術の革新と共に進化してきました。Festo は、ハードウェア、ソフトウェア、および広範なトレーニングドキュメントで構成される、総合的なトレーニングコンセプトを皆様のために開発しました。

Robotino をインダストリー4.0に導入

モバイルロボットの分野への参入を念頭においた Festo のラーニングシステムは、メカトロニクスと IT の基本的なトピックの学習を促すだけでなく、無人搬送車(AFTS/AGV)など、自律移動式ロボットシステム (AMR) 分野での高度なアプリケーションでの使用にも適しています。オープンインタフェースにより、明日のロジスティクスに関連するトピックの学習に素早くアクセスできます。

Robotino 4 センサ

すべてを把握

シャーシには、9 つの赤外線距離センサが備わっているほか、多数の取付けオプションが用意されています。さらに、アナログ誘導センサと 2 つの光学センサも付属しています。Robotino はこれを使用して、たとえば事前定義されたマーク付きルートを検知しこれを追跡します。
Robotino には、ステレオ/RGBd カメラユニットで環境を独立して認識し、その中を自由にナビゲートできる拡張画像処理システム付きで納品されます。これらの自律機能は、シーケンスベースのプログラムにシームレスに送入できます

全方向性駆動

Robotino の 3 つの駆動モジュールは、安定したステンレススチール製シャーシに統合されています。全方向性駆動により、Robotino は前方、後方、横方向に機敏に動き、その場で回転できます。光学式ロータリーエンコーダーを備えた 3 つの堅牢な DC モータにより、最高 10 km/h の速度と高い信頼性が実現します。

途切れなく使用が可能

パワーサプライは最大 4 個の 18 ボルト 充電式リチウムイオンバッテリです。それぞれの作動時間は 2.5時間です。「ホットスワップ」で、運転中にも交換が可能となっています。充電レベルが低すぎると、システムは適切なタイミングで遮断されます。
一度取り外すと、バッテリは 1 時間以内に充電できます。このため、Robotino® は実験期間全体を通してその可動性を維持することができ、再起動する必要はありません。

Robotino 4 接続部

拡張性

追加のコンポーネントは、USB (4x USB 3、2x USB 2) やイーサネットなどの標準インタフェースを介してロボットコントローラに接続できます。さらに、このコントローラにはアナログおよびデジタルの入力/出力や追加アクチュエータ用のリレー出力が備わっており、後から拡張できるようになっています。
RS422、EIA-485、IEEE 1394 などの標準装備では利用できないインタフェースをサポートするには、インタフェースカード用に 2 つの PCI Express スロットを利用できます。
たとえば、追加の電気軸とグリッパを追加のモータ出力とエンコーダ入力に接続し、PWM を介して制御することができます。

コントローラ

Robotino の制御部は、COM Express 仕様に準拠した堅牢な組み込み型 PC です。
これにより、計算能力のスケーラビリティが実現しています。Robotino では、ハイパースレッディングを備えた強力な 4 コアプロセッサが使用されています。オペレーティングシステムならびにすべてのユーザーデータは、64 GB のリムーバブルソリッドステートドライブ (SSD) にあります。すべてのデータは自由にアクセス可能で、暗号化されていません。データとコマンドは、2.4 GHz と 5 GHz で接続されたアクセスポイントを介して快適に送信できます。スイッチを使って自分のネットワークに接続して拡張したり、または既存のネットワークに接続したりできます。モータ制御は、最大 4 つの電気 DC モーター制御する PWM 信号を直接生成する、32 ビットマイクロコントローラによって処理されます。

Robotino_graphische_programmierung

グラフィックプログラミング

RobotinoView は、Robotino のインタラクティブなグラフィックプログラミング/学習環境です。無線 LAN を介してロボットシステムと直接通信し、Robotino でローカルに実行できます。プログラミングシステムは、最新の操作コンセプトを組み合わせて、ソースコードなしでロボットプログラミングを簡単に始められます。センサやバッテリデータへのアクセスに加えて、さまざまな既製のファンクションブロックを介して、ファンクションジェネレータやロジックオペレータなどのニュートラルブロックをワンクリックで追加できます。これに、以前に調査されたことのある環境でのナビゲーションにいつでも利用できる自律機能へのアクセスが加わり完成です。数分で実行可能なアプリケーションは、直観的な操作のおかげで迅速に拡張できます。また、オプションとしてロボット上で実行できるほか、さらに開発することも可能です。シーケンスベースのプログラム用のこのインタフェースに加えて、 Festo は、自律機能に使用されるマッピングとナビゲーションを調整する、無料のRobotinoFactory ツールを提供しています。ラボ環境では、パスとターゲット位置を数分で登録し、プログラミングのために利用できるようにすることができます。

ラーニングシステム-Robotino-SIM

Robotino SIM Professional - Robotino  を用いた作業のためのバーチャルラボ

このソフトウェアパッケージは、様々なモデルを一般的な構成で整えて提供しています。

ハードウェアに関係なく、基本的な知識を習得し、プログラムを改善できます。安全な環境でアプリケーションを作成し、実際のRobotino ® とシームレスに連携し続けます。

RobotinoSIM Professional

ワークブック トレーニング資料

Robotino ワークブック

11 の連続プロジェクトが、モバイルロボットの世界にあなたを引き込みます。すべてのプロジェクトタスクは、実践的な問題に関連しています。

次のトピックに取り組みます:

  • 各種センサ
  • 電気駆動技術
  • クローズドループ制御技術
  • ローカライゼーション
  • 画像処理
  • その他

ワークブックに関する詳細

オープンプログラミング環境

Robotino のプログラミングインターフェース(API)は、制御プログラム開発のための様々なプログラミング言語およびシステムを使用するための前提条件を作成します。API は次の言語とシステムをサポートしています:

  • C/C++、JAVA、.Net
  • LabVIEW および MATLAB/Simulink、準備が完了したツールボックス付き
  • Robot Operating System (ROSV1)
  • RESTful API:HTTP ベースのインタフェースを利用して、作動時の情報の取得と送信ができます

HILS シナリオ

Festo のソフトウェアコントローラを使うと、Robotino モータに直接アクセスできます。たとえば MATLAB で独自のモータコントローラを作成し、その制御回路を適合させます。

ご要望に適合します

Festoは、Robotino をご希望の納期でお届けします。光電センサ 2 つ、アナログセンサ 1 つ、テーブル実験用のジャッキから成る基本装備に加えて、バッテリ (2 つ以上を推奨)、電源ユニット、タワーおよびセグメントを自由に選択し、あなたの学習状況に適合させることができます


モバイルロボットに関するさらなるラーニングシステムをご体験ください

Lernsysteme-CPFactory-Robotino

 CP Factory

インダストリー4.0 研究/学習プラットフォーム

CP Factory では、Robotino® は産業環境で使用されています。

Smartsoft ミドルウェアを基礎として、MES 4 の 1 つまたは複数の Robotino が、フリートマネージャーを介して AGV として使用されます。

➔ wiki.openrobotino.org

CNC工作機械を CP Factory などのシステムに接続することで、複雑なシステムでトレーニングを行えます。ここには、最新の生産システムのすべてのサブエリアがリンクされています。

モバイルロボットを使えば、個々のシステムを空間的に分離させることも可能です。

必見です:学習ファクトリー「CP Factory」

興味深い記事