働き方の改革:HoloLens を使う作業員

働き方の改革 - 専門作業員

変化:Industry 4.0は産業労働環境、ひいては関連する職業の変化につながります。10年前や15年前にはとても考えられなかったことが今日ではすでに現実のものとなっていたり、Industry 4.0の目標として追求されたりしています。しかしこのことは従業員にはどのような影響を与えるでしょうか?今回のこのシリーズでは作業者/専門作業員について見ていきましょう。

作業者は"自分の"機械をよく知っています - どんな唸り音, きしみ, ランプの点滅など、すべてを熟知しています。何かが変わるとすぐに再調整するか、またはメンテナンス部門に通知されます。多くの場合そのワークフローは何年間も同じです。機械が通常の動作から少し逸脱しただけでもそれは何かが間違っていることを示唆している可能性があります - 例えば機械のコンポーネントが緩んでいる, 故障している, または上位の処理ステップで品質の欠陥があり、いくつかの許容誤差が守られなくなっている等。オペレーターは自分の機械のすべての動きを知っています。これは単調さにもつながる可能性があります。機械は非常に複雑なものです。この複雑さが機械をますます見通しにくくし、危険源を覆い隠して見えなくしてしまうこともよくあります。このため安全は最も重要なテーマです。新製品への切り替えなど製造内容に変更があった場合はほとんどの場合、作業者を再訓練する必要があります。新しいタスク - 新しいノウハウ

変化は日常生活の一部です。変化に対応する未来の工場は従業員のスキルと能力を絶えず開発し続ける必要があります。このため産業界における職業訓練の新しい美徳は"可変性"と呼ばれ、これは変化に対応する意志と能力を指しています。これは各作業員の個人的な成功だけでなく、会社全体の成功にとっても決定的に重要です。したがって将来の専門作業員のトレーニングと継続的な教育は方法やスキル、考え方や心構えにますます焦点を当てるものとなっています - 従業員には複雑かつ急速に変化する状況を自分で仕切り、切り抜けるコンピテンシーが求められます。硬直的なプロセスシーケンスがないため、機械の背景やプロセスに関して少なくとも基本的な理解があることはオペレーターにとって有利に働きます。高度にネットワーク化された製造の現場では小さな原因が大きな影響となって表れることがよくあります。人間と機械は狭いスペースでの協働作業においてますます接近することになります。しかしながら、フレキシビリティの低下を招く従来のようなバリアはIndustry 4.0においてはほとんど存在しません。新しくインテリジェントなセーフティシステムやインタフェースが登場することでしょう。キーワードは"思考によるシステム制御"です。これに関する研究はすでにかなり進んでおり、すでにサンプルシステムも存在しています。

  1. Festo Didactic カスタマーマガジン"trends in qualicication"2017年1月号掲載
  2. 写真:Fotolia/iStock

3月 2017

概要