電気で精製:電気めっきの技術

電気を浴びる

電気めっきは機能的なコーティングを可能にします

誰もが気付かないうちに、電気メッキされた物体と接触しています。これはメガネフレームから始まり、コーヒーマシンのプラグ接続、洗面台のクロムメッキの水器具から車の亜鉛めっきエレメントにまで及びます。たとえば、工具やはさみには、防錆のためにこの技術でニッケルめっきが施されています。

電気めっきは、電気の助けを借りて、種類の違う金属の薄層を導電性の金属物体に塗布し、これによってその金属物体を精製するプロセスです。電気めっきにより、わずか数マイクロメートルの厚さの機能性コーティングを塗布することができるため、ターゲットを絞った効率的な方法で原材料を使用することも可能となっています。

電気めっきの技術はどのように機能しますか?

まず、ワークピースを金属塩溶液(電解質)からなる浴槽に浸し、直流電流源の負極 (陰極) に接続します。遊離される金属 (ニッケルなど) も浴槽に入り、直流電流源の正極(アノード)に接続されます。電流は正極で金属を溶解し、それが金属イオンに変わります。これらの金属イオンは、負極でワークピースに引き付けられ、薄い金属コーティングとしてそこに堆積します。

このようにして、精製される対象物のすべての面に、金、ニッケル、銀、銅、または他の金属で均一にコーティングが施されます。対象物が浴槽に長く滞留し、また電流が大きければ大きいほど、この金属層は厚くなります。

Festo 工場でのめっき浴と酸洗い

Festo もこのプロセスを生産の現場で使用しています。電気めっき浴では、バルブやシリンダハウジングなどの製品のコンポーネントは、電解プロセスを介して、耐薬品性、硬度、光沢、防錆などの必要な特性を取得します。機械加工で洗浄および脱脂されたアルミニウム部品は、最初に酸洗いされます。これにより、約 10 マイクロメートル (約 0.01 ミリメートル) の層が除去されます。陽極酸化処理では、20 マイクロメートルの厚さのコーティングが最終的に施され、腐食からの保護と滑らかな表面を確保します。

シャルンハウゼンのテクノロジーファクトリーで電気めっきを計画する際には、エネルギー効率に特に注意が払われました。このため、複数の成分を 1 つの浴槽で同時に陽極酸化する方法が採用されており、陽極酸化物質を交換するために変換する必要はありません。熱交換器により、換気システムからエネルギーを回収できます。

概要