製造を20倍に

クロアチアの自動車ケア製品メーカーであるAlfa Car社の目標は製造量を20倍に増やすことでした。これを実現するために、新しい製造施設に収容された製造サイクル全体を自動化しました。Festoは200個以上のプロセスバルブに、プロジェクト管理を含むコンプリートソリューションを提供しました。

水、アルコール、グリセリン、界面活性剤、オレイン酸、酢酸、水酸化ナトリウム、水酸化カリウムなど、 様々な製品が保管され、搬送され、ブレンドされ、ボトルに詰められて自動車用ケア製品が作られます。そのためには複雑なプロセスオートメーションソリューションが必要です。クロアチアの自動車ケア製品メーカーAlfa Car社はここで未来への大きな一歩を踏み出しました。新しい製造施設を建設する際、原材料から最終製品のボトリングラインまで製造サイクル全体を完全に自動化したのです。ここではプロセスバルブのシームレスなオートメーションが重視されました。

カスタマイズされたコンプリートソリューション

この課題に対応するために、同社はシステムインテグレータであるArp Lučko社とFestoと協力しました。プロセスバルブのオートメーションのためのプロジェクト管理はFestoの役割でした。新システムへの迅速な統合と、将来の製造プロセスにおける最大限の信頼性を確保するために、プロセスバルブユニットからバルブターミナルまでの全範囲をカバーするカスタマイズされたコンプリートソリューションが提供されました。必要な部品を選定するときは特に爆発の可能性のある環境を考慮に入れる必要がありました。

信頼性が重要

また多数の異なる自動ボールバルブと新システムの上位コントロールシステムとのコミュニケーションも最適なプロセスオートメーションを実現する上で決定的に重要でした。この要件を確実に満たしたのはPROFINETバス接続を持つVTUGタイプの6つのバルブターミナルでした。異なるメーカー, 0個以上のボールバルブの制御をこの方法で完全に自動化することができます。ボールバルブのオートメーションを1社に依頼したことで新しいシステムの設計・取り付けの際に、Alfa Car社とArp Lučko社の双方の負担が持続的に軽減されました。そのような負担として様々なプロセスバルブのサプライヤとの手間のかかる調整があり、Festoがプロジェクト管理の一環としてこれを担当しました。

ALFA CAR d.o.o.
Donja Dubrava
Croatia

概要