ファクトリー内の研修室

シャルンハウゼンの Festo 学習ファクトリー

教育、知識、個人学習は、Festo の企業文化を構成する重要な一部分です。生産の現場に直接統合されたシャルンハウゼンの学習ファクトリーは、職場での実践的な学習と訓練センターでの理論的な学習の間のギャップを埋めていきます。また、協力的なテクノロジーと製品開発のためのスペースでは、新しいアイデアが生まれます。

ユリアーネ・ケルナーは、すべてのワークステーション改めて目を配ります。エネルギー効率に関するトレーニングはあと 10 分で始まります。研修2年目の職業訓練生である彼女は、2か月前よりシャルンハウゼンの学習ファクトリーで働いています。彼女は、技術研修生とともに、研修コースの登録を管理し、研修施設の維持・管理を担当しています。"実習生としてトレーニングコースの準備を任されているのは素晴らしいことだと思います"。 現場の真っただ中にいることで、この新しい学習ファクトリーを肌で体験するのです。研修生、新入社員、経験豊富な社員を問わず、知識の伝達は隔離されたセミナー室ではなく、実際のアプリケーションのすぐ隣で行われます。"トレーニングコースはシャルンハウゼン工場の従業員に特化したものとなっています。このため、トレーニングでは、私たちは常に技術的なテーマ領域に触れることになります。私たちのオフィスは、特殊な顧客ソリューションを組み立てる階の真ん中にあります。特に私たちのような職業訓練性にとって、生産の現場を直に見て洞察を得ることは素晴らしいチャンスです"。ユリアーネ・ケルナーは、熱意を込めて語っています。

最短ルート

面積220 ㎡の学習ファクトリーは、Festoの現代的な学習文化をテクノロジーファクトリーのシーケンスに直接統合しています。現在は、33 のトレーニングコース、製品研修、および日常業務に統合できるプロセス資格の取得がオファーされています。新入社員は、製品の機能を理解し、自分の仕事に慣れていきます。また、長年務める社員にとっては、革新的なプロセスや技術を知る機会です。"実地訓練"と"実地の現場に近い訓練"は、1つの教育ユニットに融合されています。対象を絞った指導、シミュレーションゲーム、上級者用セミナー、マネージャーと同僚の間の知識交換の幅広いプログラムにより、個々の従業員の要件に合わせたオーダーメードの学習が可能になります。最適な学習効果を得るために、学習ファクトリーのトレーニングルームには、品質、エネルギー、安全性、コンポーネントの感度、工場の基準、ブレークゾーンなどのさまざまな学習レベルが盛り込まれています。

シャルンハウゼン学習ファクトリー

個々の学習プロファイル

学習ファクトリーはテクノロジーファクトリーのプロセスを同伴するものとして考案されています。このため、潜在的な学習トピックはマネージャークラスが規定します。個々のプロファイルでは、学習目標、人数、トレーナー、期間、繰り返し、および望ましいトレーニング手法が定式化されます。目的は、標準化されたトレーニングプロセスを確立することにあります。トレーニングカタログには、機械加工、組み立て、電子機器の製造と自動化のほか、エネルギーと環境の分野横断的な問題、Festo 製品、Festo 製造システム、シャルンハウゼン工場を拠点としたトレーニングコースが含まれています。

CPファクトリーでの資格

シャルンハウゼン学習ファクトリーの中心的な要素は、Festo Didactic のサイバーフィジカル学習/研究プラットフォーム"CPファクトリー"です。サイバーフィジカルファクトリーは、将来のよりデジタル化された生産と、人間と機械の相互作用に関する技術的知識の実用的な移転を可能にします。CPファクトリーは、インダストリー4.0 のネットワーク化された生産の新たな発展をマッピングし、教育および研究のためのスマートファクトリーキットを提供します。これは、インダストリー4.0 の知識を伝えるためのモジュール式関連学習システムの一部です。

プラットフォームとして、実際の生産システムのステーションをモデル化し、関連するメカトロニクスおよび自動化テクノロジーを統合し、たとえば、システムプログラミング、ネットワーキング、およびデータ管理について学習できるようにしています。さらに、CPファクトリーは、生産の現場でで使用される柔軟なソフトウェアソリューションの開発とテストに使用されます。"CPファクトリーにより、シャルンハウゼンの Festo 学習ファクトリーはインダストリー4.0 の未来に向けて重要な一歩を踏み出しました"。Festo Didactic ドイツのトレーニングおよびコンサルティング責任者であるクラウス・ジンマーマンはこう述べています。"技術の進歩に加えて、従業員の学際的な資格も私たちにとって決定的な役割を果たします"。ジュリアン・ケルナーにとっても、学習ファクトリーでの業務のおかげで、インダストリー4.0 はもはや抽象的な概念ではありません。技術職の同僚の肩越しに、将来の生産の変化を自分の目で見ることができる環境が整っています。

CPファクトリー: インダストリー4.0の包括的かつモジュール式の拡張可能なファクトリーモデルを使用すれば、バリューチェーンの多くの領域をマッピングできます。

CPファクトリー: インダストリー4.0向けの包括的でモジュール式の、拡張可能なファクトリーモデル

インスピレーションとコミュニケーションの場

快適なシッティングエリア、会議用テーブル、個々のワークステーションを備えたニッチ、そしてデータの世界へのインタラクティブなゲートウェイとなる大きなメディアウォール。シャルンハウゼンテクノロジーファクトリーには雰囲気が異なる 4 つの作業室があり、技術と製品の共同開発および学際的な交換のためのスペースとなっています。複数の従業員が同時にインタラクティブなメディアウォールで作業し、ビデオ会議を介して世界中の他の拠点とネットワークを構築することも可能です。考え抜かれたスペースコンセプトにより、集中的な協力、効果的な作業、簡単な情報交換のための理想的なプラットフォームが提供されています。

  1. この記事は、Festoカスタマーマガジン"trends in automation"2016年2月号に掲載されました
概要