BionicOpter

トンボの飛行から得たインスピレーション

軽量構造と機能統合により実現しました:Bionic Learning Networkを使用して、FestoのBionicsチームはトンボの非常に複雑な飛行特性を技術的に実装しました。自然界のモデルと同様に、超軽量のこの飛翔物体はあらゆる空間方向に操縦でき、空中で静止したり、翼を羽ばたかせることなく航行したりすることができます。これに、ヘリコプター, モータ式航空機, グライダーを組み合わせたよりも多くの飛行条件に対応できるモデルが初めて登場しました。

高度に統合された軽量構造

独自の飛行動作はSmartBird ですでに重要な役割を果たしている構造アプローチによって可能になります。センサ、アクチュエータ、メカニック、制御・調整技術制などのコンポーネントは最小のスペースに搭載され、相互に調整されています。

羽根長63cm、体長44cm の人工トンボの重さはわずか175グラム。羽根はカーボンファイバーのフレームで構成され、薄いフィルムで覆われています。胸部にはバッテリ、9個のサーボモータ、強力な ARM マイクロコントローラ、そしてセンサと無線モジュールが統合されています。弾性のあるポリアミドとターポリマーでできた構造によりシステム全体が柔軟で超軽量でありながら非常に堅牢です。

13の自由度で他に類を見ない飛行操作を実現

共通の羽ばたき周波数と個々の翼の回転の制御に加えて、4つの翼のそれぞれで振幅制御が使用されます。翼の旋回が推力方向を決定します。振幅制御により推力の強さを調整することができます。組み合わせることでスマートフォンで操作されるトンボは空間内のほぼすべての位置方向で姿勢をとることができます。

プロセスの安全性とリアルタイム通信

バイオニクスのテクノロジーキャリアでも、日常の産業生活でも:私たちにとって、永続的な診断の原則は運転の安全性とプロセスの安定性を保証するものです。このため飛行中、ソフトウェアはセンサデータを継続的に記録し、リアルタイムでそれを評価することで複雑なイベントや重大な状態を認識します。

BionicOpter:翼の9つの自由度によりそれぞれを意図的に調整し動かすことができます

個別に制御:翼の9つの自由度によりそれぞれを意図的に調整し動かすことができます