パラメータ設計

デザインと構造に無限の可能性

北京のオリンピックプール"Water Cube"やDuisburgの歩くジェットコースター"Tiger & Turtle"は建築物の静力学と形状が直角と平行な壁と天井の幾何学的限界をはるかに超えていることを明確に示しています。パラメータ設計の手法によりデザイナーや建築家が思い描いていた多様な有機的フォルムや奇抜なデザインが実現しています。

デザイナーや建築家はCADシステムを使って製品や建築物を仮想空間上で設計し築いていきます。複雑な形状や構造が、デザイナーの頭の中だけではなく、画面上のシミュレーションで見えるようになります。ただし、異常な形状のものは自動生産が困難な特殊部品であるため、製造コストが非常に高くなります。デザインの多様性と経済的な製造を両立させるためにはその両方の要件を兼ね備えた工法が必要です。

フレキシブルで直感的な操作

そのため、70年代の初頭にはほぼ直感的に使用できる機械製造と車輛製造用にパラメトリックCADシステムが開発されました。製品モデルはもはや正確に保存されなくなっています。代わってその形状は、サイズを指定するためのパラメータと数値変数の組み合わせとしてコンピュータに保存されます。立方体のオブジェクトはパラメータの長さ, 幅, 高さ、円柱なら直径と高さによって定義されます。

椅子のパラメータ設計

新しいコンセプト:ユニークな構造が無限のデザインの可能性を開く

未来の建設

計画と実行プロセスをデジタル化することで経済効率を高めます。スクリプト化された形状モデルは従来製造されている特殊なコンポーネントよりも大幅に低価格です。全体の形状を単純化することなく、コンポーネントの種類を減らし形状や詳細を単純化することができます。逆に言えば、モデルがコンピュータに保存されている場合は数値やパラメータの組み合わせを変更するだけで、画面上で直接デザインの変更を行うことができます。使用する3Dソフトはアニメーションの制作にも使われています。

Bionic Learning Networkの3D Cocooner

デジタル製造:ソフトウェアが構造の形状をトライポッドの移動パスに直接転送します

デジタル製造:ソフトウェアが構造の形状をトライポッドの移動パスに直接転送します

新しい3Dプリントの方法はパラメータ設計された形状の実装ツールとして理想的です。Festoは3D CocoonerでFestoのハンドリングシステムであるタイプEXPT-45トライポッドのプロトタイプアプリケーションをHannover Messeで展示しました。蚕の繭をモチーフに、UV硬化樹脂でコーティングして安定させたグラスファイバーの束で作られたスピナレットは、空間に自由に浮かび上がる軽量構造を作り出しています。

スピナレットをガイドするハンドリングユニットは設計ソフトウェアから直接制御されます。シンプルで直感的なユーザーインタフェースにより非常にシンプルな基本パターンから無数のバリエーションを作成可能です。

3D Cocoonerがどのように機能するかをここで確認可能です。

概要