シュヴァーベンの成功のレシピ

空気圧式プレッツェル製造機

プレッツェルは、南ドイツで最も人気のある朝食メニューの1つです。左右対称の輪になっていて、中央が太くて先が細い完璧な形を作るには、スキル、練習、時間が必要です。あるいは、賢いオートメーションソリューションを使用すれば簡単

小麦粉、水、パン酵母、塩 - 伝統的なプレッツェルの材料は簡単なものです。生地を輪状にするときは注意深く見る必要があります。パン職人は少量の生地を手に取り、それを作業台の上で手で転がしながら、先細なヒモ状にします。このヒモ状の生地をU字形にし、それから輪にしてから、両端をさっと持ち上げて180度回してからませ、置きます。最後に、両端を輪にしっかりと押し付けると、典型的なプレッツェルの形の出来上がりです。経験豊富なパン職人であれば、1時間に最大600個のプレッツェルを作ることができます。ベーカリーSchillでは、この工程はもっと簡単です。プレッツェル製造機に生地を入れ、スイッチオンボタンを押せば終わりです。

中央は厚みがあり、先は細い

ベーカリーSchillでは、11の支店のために1日に約10,000個のプレッツェルを生産しています。ここでは生産速度の速さだけでなく、何よりも伝統的な形状が重要です。プレッツェルの形にされた生地は、ラウゲン液に浸されてオーブンに入るまでのコンパクトな生産ラインを通過します。ここでは、生地がまず自動的に練られ、分割され、ヒモ状に成型されます。グリッパが後で正確に正しい箇所をつかんで左右対称のプレッツェルを形成できるように、このヒモ状の生地は、Festoのポジショニングユニットによってコンベヤ上でミリメートル単位の精度で位置合わせされます。その後、輪状にする工程になりますが、ここではFestoのアクチュエータを使用したグリップ技術が使用されます。あとはすべてがあっという間に行われます。1本の生地からきちんとした輪状のプレッツェルができるのに1秒もかかりません。繊細なエンドオブアームツールがヒモ状の生地の両端をつかみ、これを絡み合わせ、両端を外縁にそっと押し付けます。Festoの空気圧技術で繊細に形成され、1時間あたり最大2,300個のプレッツェルが作られます。1本の生地が複雑に絡まったねじりパンの生産も、このように行われます。このための機器の変換は、わずかな手動操作だけで済みます。

小麦粉の塵とセンサ

空気圧調質機器から駆動技術とグリップ技術まで: プレッツェル製造機には、多くのFestoのノウハウが用いられています。オートメーションのコンポーネントを選択するときは、パン焼き場で発生する大量の小麦粉の塵を考慮することが重要でした。耐用年数を長くし、メンテナンスを容易にするために、小麦粉の塵が空気圧コンポーネントの内部に入るのを防ぐ特別なシールが使用されました。また、最新のセンサ技術のおかげで、機械はエラーを自動的に検出し、たとえばひも状の生地を扱う運転モードでプレッツェルの生地がベルトからはみ出た場合には、自動的に停止します。

2月 2019

概要